比較的手厚くサポートするスピードラーニングで英語表現法マスター!

スピードラーニングを使った真の勉強方法

  • まずはわからなくても良いのでCDを聞いてみるところから始める(意味を憶測できなくても大丈夫)
  • 耳がある程度慣れてきたらシャドーイング(発音を真似てみる方法)
  • CDを使ったリスニングとシャドーイングを2週間ほど行い続ける
  • リスニングとシャドーイングは就寝時がおすすめ(※隣に誰か寝ていたらリスニングのみ)
  • リスニングの最中は音を追いかけるだけでなく場面をイメージ(英語の後に日本語が流れるからイメージしやすい)
  • 2週間以上CDとシャドーイングを続けたらテキストを読んでみる
  • 知らない単語は「こんな意味かな〜」という程度で理解でOK(※意味を英単語の上に書かない!)
  • 複数の意味がある単語が出てきたらテキストの文に適している意味合いのもの1つだけ覚えればOK
  • 覚えたらアウトプットで練習(フリートークで絶対利用)
  • 会話ができなくても良いので恥ずかしがらずに口に出してみる

スピードラーニングでリスニングする時間はここだ!

no.1

朝活で

巷でブームになっている朝活。その時間帯なら、頭がスッキリしている状態なので、英会話が頭の中に入ってきやすいですよ。朝食の際、普段流す音楽の代わりにスピードラーニングをBGM代わりに流してみるのもありです。

no.2

通勤退勤などの移動中

多忙を極めている有名なプロスポーツ選手も移動時にスピードラーニングを集中的に聞いていたから英会話能力をアップさせられたそうです。通勤退勤で公共交通機関あるいは自家用車を使って通勤している場合、耳ががら空き状態です。隙間学習で英会話を脳みそに流してみませんか?

no.3

お昼休憩中(軽い仮眠タイムに)

聞き流しで頭を英語に慣れさせたいなら、お昼休憩中もおすすめ。ランチを食べている最中もありですが、食後に数分仮眠を取る時にもスピードラーニングを聞きながら寝てみると、英会話の感覚を忘れずに済みますよ。

no.4

家で家事をしている最中

洗濯物や家の掃除をしている最中、手や足を動かしていても耳はがら空き状態です。座りながら英語を覚えるよりは、体を動かしながらスピードラーニングを聞いてみれば、流れてくる会話の内容も入ってきやすくなります。

no.5

晩酌中や入浴中に

リラックスタイム中にスピードラーニングを聞き流しもありです。なぜなら、スピードラーニングは大まかな概要から細かな部分を理解するステップで作られているからです。会話もドラマティックな内容のものも流れるので、晩酌や入浴タイムで英会話を楽しんでみましょう。

比較的手厚くサポートするスピードラーニングで英語表現法マスター!

文字

充実したサポート体制を完備!

他の英会話教材を比較してみると、スピードラーニングは一般的なメールや電話でのサポート体制以外に、英会話のレッスンもオンラインで受けられます。英語学習で不明点が出てきたら、即質問できるのは学習者にとってありがたいものです。

英会話の表現を覚えたい人向け

英会話のトレーニング方法は、いたってシンプルでわかりやすいですが、英語を聞き流すだけで上達できるのは英語の基礎能力が固まっている人に限ります。英語の基本的な文体や単語に関する知識が固まっていれば、スピードラーニングに収録されているあらゆる表現方法を聞き取りだけで、スイスイ覚えられます。

教材は良心的な内容

スピードラーニングは、「聞き流しだけで覚えられる」が誇大広告だと思われてしまいがちですが、上記で説明した通り基礎知識が固まっている人向けの教材。しかも、教材自体あらゆる英語表現方法が収録された良心的な代物です。そのため、スピードラーニングに頼り切ってはいけません。流れる英会話表現を習得するためにはアルファベット・単語・発音・文法など英語の基礎的な能力を固める努力が必要です。

広告募集中